JMIC(日本マリンインポーター協議会)

HOME事務局長のBLOG

上海の2つのマリーナ ② 星外灘マリーナ

上海の2つのマリーナ ② 星外灘マリーナ [2021年09月28日]

カテゴリー

星外灘マリーナは、まさに都会の中にできたマリーナで、黄浦江が東に曲がった北側のビル街の中にできた。

星外灘マリーナ 手前は黄浦江

 

この地域は古い市街地を再開発し、オフィスビルやマンションが建てられた。それらのビルの真下にマリーナが誕生したわけである。

オフィスビルやマンションの真下にマリーナができた

 

このマリーナはどうやって造られたであろうか。そこには大陸中国ではならでの発想がある。通常ビルを建てる場合まず地下を掘り下げ、基礎を造る。星外灘マリーナの場合は地下を掘り下げた後コンクリートで固め、そこに地下水か工業用水か分からないが、黄浦江よりきれいな水をためる。オフィスビル何棟分もの面積の広大なプールができ、そこに桟橋やポンツーンを設置して係留場とし、マリーナができあがる。

地下を掘り、コンクリーで固め水をためる。大きなプールができる。 ポンツーン用の杭などもあらかじめ設置されている

 

次に黄浦江へつながる水路を造る。この水路には歩行用の2本の橋がかけられ、これらの橋はボートが通るときには上部に開脚される。

 開脚橋

また水路には閘門が設置され、黄浦江の汚い水がマリーナ内に入らないよう工夫されている。

 水路の閘門

 

こうして2014年に出来上がった星外灘マリーナには、とにかく便利な場所なので、多くのクルーザーが停泊している。

それでは彼らはどこに遊びに行くのであろうか? 黄浦江を下り揚子江に出て、さらに下って東シナ海に出ることはできるが、どこまで行っても水が汚く、きれいな入り江などない。楽しくない。

結局、黄浦江のリバークルーズが唯一の遊びになる。黄浦江のリバークルーズでは西側に旧市街の伝統的なビル、東に新市街の近代的な高層ビル街を見ることができる。特に夜間はこれらのビルがライトアップされ非常に美しい。

旧市街のビル 戦前に作られたイギリス租界

新市街 浦東地区

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー

アーカイブ

TOP