JMIC(日本マリンインポーター協議会)

HOME事務局長のBLOG

週  曜日

週  曜日 [2022年07月23日]

カテゴリー

日本では、日、月、火、水、木、金、土と呼ばれている。

では、英語では何というのか

Sunday(日曜日)、Monday(月曜日)、Teusday(火曜日)、Wednesday(水曜日)、Thursday(木曜日)、Friday(金曜日)、Saturday(土曜日)である。SundayとMondayは太陽・Sunと月・Moonからと容易に想定できる。ではTeusday以下はどのような由来でこの名称が決まったのだろうか。これら曜日のもとになったのは北欧の神話によるといわれる。

まずTeusedayであるが、北欧の軍神ティールTry→Tiw から来ていてティウの日⇒Teusedayとなったそうだ。

次の水曜日、北欧の水の神Odinに由来する、Wodenの日ということでWednesdayとなった。

北欧神話の雷神・戦神がThorトールである、Thor’sDayトールの日が英語化されてThursdayとなった。

そして金曜日、北欧神話のFrigg女神が語源、Feiggの日→Fridayとなった。

英語のSuterdayはローマ神話の農耕神Saturnusサトゥルヌスから来ている。

ということで英語の曜日の多くが北欧神話に語源を持つわけであるが、さらにたどってゆくとローマ神話に一致していることがわかる。

西欧では古くから週や曜日の概念があったようで、陰暦の1か月・28日を4で割ると7日になる。新月ー半月ー満月ー半月ー新月のそれぞれが週・7日間となる。キリスト教文化ではキリストが生まれた日曜日が礼拝日で、十字架にかけられなくなった日が金曜日で、金曜日は断食日、といっても何も食べないわけではなく肉を食べない日とされている。

このように礼拝日、安息日、断食日といった考え方があるので曜日が大事になってくる。

ではそれぞれ名付けられた日が週の何番目に来るのかをどう決めたのだろうか。週の初めが太陽の日Sunday、次が月の日というのは何となく想定できる。ローマ時代に日曜日を安息日・休日とすることが定められた。

一方、土曜日はユダヤ教では安息日と決められている、また、金曜日は準備の日といわれ、土曜日の前日になる。残りの三日間がどの名前に決まったのか理由は定かではないが、Sunday、Monday、Teuseday、Wednesday、Thursday、Fryday、Suterdayの順になった。

 

では東洋、中国では曜日に名前はついていない、星期一(月曜日)星期二、星期三、星期四、星期五、星期六(土曜日)、星期日(日曜日)で日曜日以外はただの番号順である。これは中国では週や曜日の観念がなかったためといえよう。近代になり西洋文明に合わせるため曜日の呼び方を番号で決めたようだ。

では日本がどうかというと、惑星の名前とは違って中国から来たわけではない。日本でも昔は週や曜日の概念がなかったようだ。江戸時代を舞台とした小説、池波正太郎の「剣客商売」や「鬼平犯科帳」には日や月は出てきても曜日の記述はない。明治になり西洋文化が導入された際曜日が決められたと思う。日・月・火・水・木・金・土の名称も英語の曜日を訳したか、その語源によって決められたと思われる。

 


カテゴリー

アーカイブ

TOP